​© 2014 DinoSato, All rights reserved.

Bio

ダイノ サトウ
アニメーター、ディレクター 1996年よりフリーランスのCGアニメーター。
武蔵野美術大学、京都造形芸術大学非常勤講師。ASIFA、ASIFA-JAPAN会員。
日本アニメーション学会会員、宇宙エレベーター協会会員
 

1968年 東京都生まれ。 東京理科大学建築学部卒業時、設計ミスは人の命と財産を奪うということに、遅まきながら気付き、 アニメーションであれば奪うのは時間くらいだと盲信。東放学園専門学校を経て、CGアニメーションの道へ。 CG制作会社を経て、1996年よりフリーランスのCGアニメーターとなる。


主な作品に、TREEDOM(1999)、SCRAPLAND(2006)、カエルのハコ(2009)。 2008年、第12回広島国際アニメーションフェスティバルでは、ポスターならびにキービジュアルを手がける。 「カエルのハコ」は週刊アスキー主催の第7回ショートムービーコンテスト(2009)でグランプリを受賞。 「あか あお ふたりで」は 文化庁メディア芸術祭2007に於いて、審査員会推薦作品に、 BIMINI2007(Latvia)では、ウィットと光覚賞(diploma for wit and light perception )を受賞。 アヌシー、シナニマ、アニマムンディ、アニマドリッドなど、多くの国際コンペティションで入選し、 ICA(ボストン)、ポンピドーセンターなど でも上映される。

また、NHK Eテレ『いないいないいないばあっ!』(2018~)、『ミミクリーズ』(2016~)のコーナーCG制作、東京国立博物館『東大寺大仏展』映像制作(2010)、映画『グスコーブドリの伝記』(2012)、東京モーターショー GoodYearブースの立体視映像(2011~2015)、NHK教育『ビットワールド』などの制作に携わる。2008年、第12回広島国際アニメーションフェスティバルでは、ポスターならびにキービジュアルを手がける。

 

Dino Sato
Animator,Director
An adjunct lecturer of Musashino Art University and Kyoto University of Art and Design.
A member of ASIFA, ASIFA-JAPAN, Japan Society for Animation Studies, Japan Space Elevator Association.

 

In 1993, after learning architecture at Tokyo University of Science, He noticed "The design defects of architecture cause the serious accidents.Even the lives and properties can be lost by them".
He believes blindly that "ANIMATION is only the ROBBER of TIME."
If it's a good
work,it gives you a good impression and will be a big entertainment.
If it's horrible it just steals hours off; neither their lives nor properties.
And at the field of Animation, he can design the buildings and their circumstances as he wishes.
He can build the uninhabitable houses and the defective houses...etc.
He noticed what he really want to challenge as a creator.

These ideas lead him to CG ANIMATOR.
Since
1996,he started to work as a free-lance CG ANIMATOR and a DIRECTOR through many CG production companies.

Short films;
"The Line Magic by Red & Blue" won the Diploma for Wit and Light Perception in BIMINI2007 (Latvia) and Jury recommendation work in 2007 Japan Media Arts Festival(Tokyo). "
Treedom" and "SCRAPLAND" were seleected Annecy, Cinanima, Anima Mundi, Animadrid and many international competitions, and was screened in ICA (Boston/U.S.A), the Pompidou Center(Paris/France).

Commercial films;
"Inai Inai Baa!" NHK ETV (2018 ~), "Mimicries" NHK ETV (2016 ~), "Todaiji Great Buddha exhibition" at Tokyo National Museum (2010),  Animated film "Guskō Budori no Denki " (2012), stereoscopic movie “GoodYear
” at Tokyo Motor Show (2011 - 2015), "Bit World" NHK ETV.
In 2008, at the 12th Hiroshima International Animation Festival, he designed the posters and the key visuals.


 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now